sumibanner.jpg

suwakogoudou.jpg

諏訪神楽祀バナー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://heartfulwonder.blog5.fc2.com/tb.php/43-c4897760

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

諏訪神楽祀 あとがき(後編)

夜の部の個人的つらづららー



【夜の部】

-----------------------------


01. 【威霊の追憶】
坤徳磊嵬(こんとくらいかい)

曲:PIROPARU (グーシャンダグー)
絵:染 (筅)

夜の部のスタートは、神楽殿での祭事(という名のクラブイベント的な何か)をひっそりとテーマにしてたので、
もうまんま「神楽」っぽいこの曲を最初に置かせていただきました。安心のPIROPARU&染タッグです。
磊嵬=何かこう石とかが積みあがっていること、らしいので、きっとこう、諏訪子が積んできた坤の神としての徳とか、
石と意思を掛けたものとかが積みあがっているイメージなんじゃないかなーと思います。
某ねとらじさんで「映画の曲みたい」という言われもしておりましたが、
まさに迫力、神の威厳というものが伝わってくるように思います。


-----------------------------


02.【ハートビート】
ある雨の日の事

曲:*.yuki (Snow*Mark)
絵:ばえるん (しらす庵)

クラブをイメージした夜の部の中でもバリッバリにクラブっぽい曲ですね。
*.yukiさんが、ばえるんさんのイラストを見て受けたインプレッションを、
自分の中で増幅して音に落とし込んだとのことで、絵とは大分違うベクトルの曲のようにも思えますが、
これもまた1つの独自性みたいなものが出ていて面白いと思いました。(別にフォローしてるわけじゃないですよ!
音楽のジャンルとしてはマイアミテクノ、ということで、低音にたくさん仕掛けを施してあるとのことなので、
是非とも良い感じに「鳴る」スピーカーを使って聴いていただけたらなーと思います。


-----------------------------


03.【祟神Drum'n'Bass】
Princess Jade Stream

曲:o.k.o.G4 (TRiANCE CODE)
絵:このみ唯月 (a HEAL)

御柱曲、3の柱は自分とo.k.o.G4さんのタッグの曲になります。
祟神Drum'n'Bassということで、確かもうひとつのジャンルは「下克上 NEXT-SKOOL BREAKBEATS HARDCORE」だったような気がしまs(ぁ
ドラムンベースやりたい!!ってことで、最近はこんな曲がー・・・とか言ってビーマニの曲を聴いてもらいまくったという経緯から、
OMEGAなんちゃらの偉い方をリスペクったような曲がやってきましたw
イラストの方は、とにかく水の中をイメージしたようなものをお渡ししたらこの曲をいただいたので、
曲にイメージを合わせていくぜー!と思って仕上げた結果こうなったよ!みたいな感じで。
・・・実は途中のブレイク~加速のところでリズムがわからなくなって、「これってリズムこれで合ってるんですかねー」と
確認するくらい迷子になったのですが、きっとここが祟神ドラムンベースなんですね。そう感じました。まじで。
この減速~加速するのが1つの川の流れっぽかったので、そういう感じの仕上げに絵を描いた感じです。


-----------------------------


04.【呪い系ロック】
祈りの手

曲:ダニエルイトウ (モノクロ殺人現場写真)
絵:ゆきお (ユキノロトム)

祟神の流れから、ダウナーな信仰を描いた曲を続けてみました。
曲のダニエル君は、今回の企画で公募をした時に真っ先に参加表明をしてくれたという素晴らしいナイスガイでした。
曲の方はイラストにも描かれている「手」を主軸に置いた物語が展開される信仰が無くなった諏訪子の歌で、
提出した後に「こんな歌で良かったんですかね…」って話もされたのですが、
自分としては逆にこういう諏訪子を描いてもらえたのは嬉しかったところで。
明るくかわいいだけではない、祟りや信仰の廃れた姿を描いてもらってこそ、諏訪子を想う祀りとなると思うのです。
それでも人を想う姿というのは、可愛い外見に祟りという逆の性質を持つ諏訪子の本質なのではないでしょうか。
そういう部分を描いてくれたダニーとゆきおさんには本当に感謝です。


-----------------------------


05.【ヘヴィメタル】
タイハイシンコウ

曲:蒼 (アオバコ。)
絵:四方木うた

前企画「墨染」からの引き続きタッグのお2人です。
タイハイシンコウということで、祈りの手から信仰の薄くなった諏訪子を祀る流れでこの曲を置かせていただきました。
四方木くんの絵にブブゼラ(当時はワールドカップでブブゼラが凄く話題でした)が入ってたということで、
曲にもブブゼラ使うぜ!っという話が有ったのですがそんな話なんて無かった。
廃れた信仰にも膝を折ることなく、強くしたたかに生きる諏訪子が脳内に浮かび上がるような力強い曲だと思います。



-----------------------------


06.【ケロちゃんの絆、つんのめジャズ添え】
Not knowing KnotS

曲:Unity-Gain
絵:幽冥&神埼未来 (ゆ~みょん)

今回2つ有るオール生録音のうちのもう1曲、
中部が誇る東方ジャズアレンジバンド、Unity-Gainによるジャズアレンジです。
そして、今回の企画の問題作の1つでもあります。
聴いてもらえばわかりますが、とても問題作です。
やってくれたなO太さんたちめwwwwwwwwwwとなります。
諏訪子と早苗の絆を描いた曲…ということで、まるでくるくる回るような展開の、
とても問題作です。はい。いや、うちも「面白い」って言ってオッケー出したんだけどさ。
ゆ~みょんの二人は実はまだUnity面子と会ったことないので、
そのうち会って演奏聴いてもらいたいなーと密かに思っていたりします。
ちなみにタイトルから「誰も知らない風」という解釈でここの曲順にしましたが、
実はもう1つ隠された意味があるとか無いとか。


-----------------------------


07.【諏訪乃演舞 -Anger edit-】
神遊び ~ breath of life.

曲:蒼ダイ
歌詞、Vo:花岬 灯
絵:じょん犬 (山猫神社)

蒼ダイさんのハードなビートに灯さんのボーカルが絡む、クラブなサウンドです。
祈りの手からロック→ジャズという流れを経て、再びクラブシーンです。
実は前企画「墨染」で蒼ダイさん、灯さんで曲を作ろうかという話も有ったらしいのですが、
前回はそれが叶わなかった為、今回はリベンジということで挑んでいただいたとのことで。
「さぁ さぁ 遊びましょう」 と誘う言葉がいざなうのは、祟りなのか神徳なのか。
神遊びということで、曲の方はダンサブルに、中身は少しの仄暗さを纏うような。
そんな、童歌「とおりゃんせ」のようなイメージの曲だと感じました。


-----------------------------


08.【エレクトロニカ】
いくつかの風

曲:杷月 (空彩観測。)
key.:石井為人
mix:采原史明
絵:七桃りお (桃のカンヅメ)

ゴリゴリな曲から一気に印象が変わり、「静けさを奏でる」ようなこの曲。
実はこの曲のポジションをどこにするかが曲順決めの際での最後の難関だったのですが、
曲の耳当たりの流れ<イミテーションとしての流れを重視しようと思い、
クラブでのアンビエント曲というイメージでここに置かせていただきました。
いくつかの風というタイトルが示すような、1つではない、でも多くない音が絡み合い奏でるような、
そんな曲になっていると感じました。
イラストも、夜の静けさの中で稲穂の揺れに風を感じる諏訪子ということで、
風を稲穂で表現するのは上手いなぁ…と思いました。
この曲で一度耳を休め、気を休め、心を休めてもらえたらなーという。


-----------------------------


09.【DnB】
We Are Frog

曲:DJ Scarlett (ましろ。)
絵:えむ/nyagakiya (鶏肉生活)

ドラムンベース4柱、最後の一つです。
神楽殿でのクラブイベントの〆、というイメージで最後の転換という意味を込めてここに置かせていただきました。
We Are Frog!!!!!というもう最後煽りにいくぞーーーー!!というような疾走感溢れるトラックという感じで。
イラストも相まって、ガチDJプレイをしてHOTに仕向けるような曲という風に感じます。
We Are Frog!! We Are Frog!!!!
誰かにMCをお願いしたくなりますね!We Are Frogggggggggg!!!!!!!!!!!!!!!


-----------------------------


10.【K-POP】
夜空見つめ帰る旅路

曲:シミタカ (かわずごっこ)
絵:さとちー

帰り道、ということでお祭りが終わって帰るあの感じ。
すごく喧騒なお祭りの場を離れ、帰り道を余韻に浸りながら歩くあの感じ。
遠く離れたお祭りの会場にはまだ少し明りが残り、また次を想いながら歩くあの感じ。
ちょっと蛙や鈴虫の声に誘われて、足をひたした小川の冷たさに少し眠たげな眼を覚ますあの感じ。
空を見上げると満天の星空が広がっていて、さっきまで居たお祭りの明りより明るい気がするあの感じ。
また少しお祭りを思い出して、虫や蛙の喧騒と星の明るさに思いを重ねるあの感じ。

そんな情景が思い描かれるように思います。
お祭りは、家に帰るまでがお祭りなんです。


-----------------------------


11.【ノスタルジックハウス】
夢 ~空から見上げた空の色~

曲:とりP (CM11)
歌:Cathy
歌詞:青時 (影紡糸)
絵:カズ (夢中界)

諏訪神楽祀 夜の部のエンディングテーマ、という気持ちでここに置かせていただきました。
「井戸」という言葉と、連なる詩=言霊が一体何を示すものなのか。
メロディアスで幻想的なハウスが包み込む歌は何を想うのか。
カズさんの絵と、とりPさんの曲、青時さんの詩、Cathyさんの歌が、
1つの世界を描く、そんな風に感じました。企画の表テーマにまさにぴったりなんじゃないかなーと。
曲のイミテーションとしても、作品のイミテーションとしてもラストに相応しいんじゃないかなーと。
それでも次の曲をラストに持っていきたかったので、準ラストを飾っていただきました。
なので、次の曲と合わせてダブルエンディング、ということで、
昼の部の最初のダブルオープニングと対極になればなーという思いでもここに置かせていただいております。


-----------------------------


12.【守矢の手紙】
不揃いな影が増えていく小さな神様の詩

曲:銅螺子 (Karkan)
歌:NAKI
絵・歌詞:水砂まえじゅ (産業廃棄美術館)

諏訪神楽祀 グランドエンディング曲です。
企画の最初の方で「ラスト狙っていきますよー」と銅螺子さんが言ってたので、
それっぽい曲が来たらもう問答無用でラストに置きたいなー…と思っていたら、
思っていたより半端なくそれっぽい曲が来て、ラスト即決でした。
ただ、「ラスト狙う」って言われたからというわけではなくて、
諏訪子好きの仲間である銅螺子さんを全信頼してのラストの配置とさせていただきました。
絵担当の水砂さんもガチな歌詞を書いてくれて、もうほんと何回これ聴いて泣いたことか。
このタッグは企画最初の呑み会に参加してくれたお二人で、
こんな曲作ってくれて、やっぱり結構無茶してでもあの呑み会やって良かったなーとほんと心から思います。
ボーカルのNAKIさんの優しい歌声も相まって、凄くスピリチュアルな曲になってるなーと思います。
絵もラフの段階から「これ反則だよなー」という話があって、共にラスト飾っていただきたいとほんと思いました。
「諏訪子を語る詩」として、これ以上は無いんじゃないかと思えるような…
って言うと、色々なところからお叱りを受けそうな気もしますが…
昼の部の「この手が触れてきたもの」と共にラストを神語りのような曲にさせていただきました。
味玉さんが銅螺子さんからの紹介…ということも含めてのミーニングだったりもしますが。
提出してもらった音源を聴いて、「そうだよな、諏訪子ってそうだよな。」ってうんうん言いながら聴かせていただきました。


-----------------------------



ということで、長々と諏訪神楽祀の中身について語らせていただきました。

ほんとなんていうか、命掛けてというか、
自分の1年をフルで使った企画でした。
人生の一部を削って本気で向かったというか。

まぁ結構出費とかのやりくりもかなりきついものが有ったんですけども、
その分、本当にやってよかったという企画に出来たと思っています。

本当に、最後まで付き合ってくださった氏子こと参加者の皆さん、
周りで支えてくださった方々、
そしてお祭りに参加(=諏訪神楽祀を購入)してくださった皆さんに、
本当に感謝いたします。


正直、まだ燃え尽き症候群というか気が抜けてて、
次のことが手につかない状態だったりもしますが…(苦笑

ここからは自分がやりたいことやれるように精進しないといけないところになるので、
こんな大きな企画を立ち上げて運営するっていうのはこれで最後になるんじゃないかなーと思っています。
ほんと、大好きな諏訪子と素敵なお祭りが出来て本当に嬉しく思います。


最後に、このお祭りに関わってくださった皆様に、
いま一度感謝の気持ちをお伝えして、
諏訪神楽祀 氏子会総代としての最後の挨拶とさせていただきたく思います。


本当に、皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://heartfulwonder.blog5.fc2.com/tb.php/43-c4897760

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ついったー

Sonne 視聴パーツ

なんとなくつけてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。