sumibanner.jpg

suwakogoudou.jpg

諏訪神楽祀バナー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミからいろいろお疲れさまでした!

あれこれやってたり、燃え尽きてたりで色々あれでした!すいません!!!



ということで、簡単にささーっとまとめ日記。


まず、夏コミお疲れ様でした!

今回は告知の通り、A.C.3のユウワンさんのところへお邪魔・委託させていただいたり、
モノクロ殺人現場写真、karkanにも委託させていただきました!
また、3日目の夕方に有った「ベーカリー風見」のライブの方にも委託させていただきました。
それと、諏訪神楽祀の打ち上げとかもしました!!

皆さん、お疲れさま&ありがとうございました!!!

夏コミ終わり!!(ぁ



次に、告知できなかったんですが、
9月19日に「もりや神社例大祭」の方へサークル参加してきました!
1年振りとなる個人本を出したり出来ました。
そして打ち上げね!銅螺子さん、火燐さん、凄爆さん、黒海さんと焼肉しました!
都産貿から浜松町駅の途中に道沿いに有る焼肉屋さんだったのですが、
お肉美味しいし、店長さん面白いし、値段もそこそこだし、ビール美味しいので、
都産貿イベントの後はまた行きたい所存!

ちなみにこんな本出してました
tuioku_hyousi


そして9月24日は、名古屋で「eastern rockin' holic 2」というライブイベント行きました。
やっぱりライブは楽しいね!!ほんと行ったこと無い人は一度行ってみてほしい!!



ということで、色々アレでした!すいませんでした!!!


今後の予定ですが、とりあえず冬コミに申し込んでおります。
あと、例大祭も申し込みすると思います。

そろそろ・・・と思うことも有ったり、また別所でお話も有ったりするので、
また今後も頑張りたいと思う所存でございます。

コンゴトモヨロシク・・・ということで!

今後の活動予定

まず、夏コミ!!!!




落ちました!!!!!!!!!!!

ですが、ユウワンさんのA.C.3さんにて売り子とかランナーでお手伝いで入れていただけることになりました!

諏訪神楽祀も委託をお願いしております。

ネ-02a A.C.3
へ-58b Karkan
ペ-54a モノクロ殺人現場写真
(サークルスペースがわからないけど) Undefined Field


よろしければ、こちらのサークルさんにもお立ち寄りください!
で、サークルさんの新作を思う存分堪能するのだ!!!

そのついでに諏訪神楽祀を見て諏訪子かわいいってなってください。


諏訪子かわいい!!!!!!!!!


それと、
他所の企画への参加は、

3日目 こ-25b 「RIGHT+LIGHT」 にて頒布される、
「大正浪漫合同」に参加させていただいております。

大正浪漫合同
http://www.right-light.com/taisyou/


こちらは今回唯一の参加企画ってことで、結構頑張った!!つもりになってる(
大正の、時代の分岐点的な漫画を描いてます。ってか漫画描いてるのうちだけらしいよ・・・・orz



あと、個人的に気になってるとこをブックマーク!
















Flowering Love e.p.






Send off

希望の唄


(某氏のページから、大体引用しちゃいましt)
※また更新するかもしれない

特にMONOMINDの新譜が諏訪子でもうやばいです。早く聴きたい!!!!!!!!!


ということで、夏コミがんばりましょう!!

諏訪神楽祀 あとがき(後編)

夜の部の個人的つらづららー



【夜の部】

-----------------------------


01. 【威霊の追憶】
坤徳磊嵬(こんとくらいかい)

曲:PIROPARU (グーシャンダグー)
絵:染 (筅)

夜の部のスタートは、神楽殿での祭事(という名のクラブイベント的な何か)をひっそりとテーマにしてたので、
もうまんま「神楽」っぽいこの曲を最初に置かせていただきました。安心のPIROPARU&染タッグです。
磊嵬=何かこう石とかが積みあがっていること、らしいので、きっとこう、諏訪子が積んできた坤の神としての徳とか、
石と意思を掛けたものとかが積みあがっているイメージなんじゃないかなーと思います。
某ねとらじさんで「映画の曲みたい」という言われもしておりましたが、
まさに迫力、神の威厳というものが伝わってくるように思います。


-----------------------------


02.【ハートビート】
ある雨の日の事

曲:*.yuki (Snow*Mark)
絵:ばえるん (しらす庵)

クラブをイメージした夜の部の中でもバリッバリにクラブっぽい曲ですね。
*.yukiさんが、ばえるんさんのイラストを見て受けたインプレッションを、
自分の中で増幅して音に落とし込んだとのことで、絵とは大分違うベクトルの曲のようにも思えますが、
これもまた1つの独自性みたいなものが出ていて面白いと思いました。(別にフォローしてるわけじゃないですよ!
音楽のジャンルとしてはマイアミテクノ、ということで、低音にたくさん仕掛けを施してあるとのことなので、
是非とも良い感じに「鳴る」スピーカーを使って聴いていただけたらなーと思います。


-----------------------------


03.【祟神Drum'n'Bass】
Princess Jade Stream

曲:o.k.o.G4 (TRiANCE CODE)
絵:このみ唯月 (a HEAL)

御柱曲、3の柱は自分とo.k.o.G4さんのタッグの曲になります。
祟神Drum'n'Bassということで、確かもうひとつのジャンルは「下克上 NEXT-SKOOL BREAKBEATS HARDCORE」だったような気がしまs(ぁ
ドラムンベースやりたい!!ってことで、最近はこんな曲がー・・・とか言ってビーマニの曲を聴いてもらいまくったという経緯から、
OMEGAなんちゃらの偉い方をリスペクったような曲がやってきましたw
イラストの方は、とにかく水の中をイメージしたようなものをお渡ししたらこの曲をいただいたので、
曲にイメージを合わせていくぜー!と思って仕上げた結果こうなったよ!みたいな感じで。
・・・実は途中のブレイク~加速のところでリズムがわからなくなって、「これってリズムこれで合ってるんですかねー」と
確認するくらい迷子になったのですが、きっとここが祟神ドラムンベースなんですね。そう感じました。まじで。
この減速~加速するのが1つの川の流れっぽかったので、そういう感じの仕上げに絵を描いた感じです。


-----------------------------


04.【呪い系ロック】
祈りの手

曲:ダニエルイトウ (モノクロ殺人現場写真)
絵:ゆきお (ユキノロトム)

祟神の流れから、ダウナーな信仰を描いた曲を続けてみました。
曲のダニエル君は、今回の企画で公募をした時に真っ先に参加表明をしてくれたという素晴らしいナイスガイでした。
曲の方はイラストにも描かれている「手」を主軸に置いた物語が展開される信仰が無くなった諏訪子の歌で、
提出した後に「こんな歌で良かったんですかね…」って話もされたのですが、
自分としては逆にこういう諏訪子を描いてもらえたのは嬉しかったところで。
明るくかわいいだけではない、祟りや信仰の廃れた姿を描いてもらってこそ、諏訪子を想う祀りとなると思うのです。
それでも人を想う姿というのは、可愛い外見に祟りという逆の性質を持つ諏訪子の本質なのではないでしょうか。
そういう部分を描いてくれたダニーとゆきおさんには本当に感謝です。


-----------------------------


05.【ヘヴィメタル】
タイハイシンコウ

曲:蒼 (アオバコ。)
絵:四方木うた

前企画「墨染」からの引き続きタッグのお2人です。
タイハイシンコウということで、祈りの手から信仰の薄くなった諏訪子を祀る流れでこの曲を置かせていただきました。
四方木くんの絵にブブゼラ(当時はワールドカップでブブゼラが凄く話題でした)が入ってたということで、
曲にもブブゼラ使うぜ!っという話が有ったのですがそんな話なんて無かった。
廃れた信仰にも膝を折ることなく、強くしたたかに生きる諏訪子が脳内に浮かび上がるような力強い曲だと思います。



-----------------------------


06.【ケロちゃんの絆、つんのめジャズ添え】
Not knowing KnotS

曲:Unity-Gain
絵:幽冥&神埼未来 (ゆ~みょん)

今回2つ有るオール生録音のうちのもう1曲、
中部が誇る東方ジャズアレンジバンド、Unity-Gainによるジャズアレンジです。
そして、今回の企画の問題作の1つでもあります。
聴いてもらえばわかりますが、とても問題作です。
やってくれたなO太さんたちめwwwwwwwwwwとなります。
諏訪子と早苗の絆を描いた曲…ということで、まるでくるくる回るような展開の、
とても問題作です。はい。いや、うちも「面白い」って言ってオッケー出したんだけどさ。
ゆ~みょんの二人は実はまだUnity面子と会ったことないので、
そのうち会って演奏聴いてもらいたいなーと密かに思っていたりします。
ちなみにタイトルから「誰も知らない風」という解釈でここの曲順にしましたが、
実はもう1つ隠された意味があるとか無いとか。


-----------------------------


07.【諏訪乃演舞 -Anger edit-】
神遊び ~ breath of life.

曲:蒼ダイ
歌詞、Vo:花岬 灯
絵:じょん犬 (山猫神社)

蒼ダイさんのハードなビートに灯さんのボーカルが絡む、クラブなサウンドです。
祈りの手からロック→ジャズという流れを経て、再びクラブシーンです。
実は前企画「墨染」で蒼ダイさん、灯さんで曲を作ろうかという話も有ったらしいのですが、
前回はそれが叶わなかった為、今回はリベンジということで挑んでいただいたとのことで。
「さぁ さぁ 遊びましょう」 と誘う言葉がいざなうのは、祟りなのか神徳なのか。
神遊びということで、曲の方はダンサブルに、中身は少しの仄暗さを纏うような。
そんな、童歌「とおりゃんせ」のようなイメージの曲だと感じました。


-----------------------------


08.【エレクトロニカ】
いくつかの風

曲:杷月 (空彩観測。)
key.:石井為人
mix:采原史明
絵:七桃りお (桃のカンヅメ)

ゴリゴリな曲から一気に印象が変わり、「静けさを奏でる」ようなこの曲。
実はこの曲のポジションをどこにするかが曲順決めの際での最後の難関だったのですが、
曲の耳当たりの流れ<イミテーションとしての流れを重視しようと思い、
クラブでのアンビエント曲というイメージでここに置かせていただきました。
いくつかの風というタイトルが示すような、1つではない、でも多くない音が絡み合い奏でるような、
そんな曲になっていると感じました。
イラストも、夜の静けさの中で稲穂の揺れに風を感じる諏訪子ということで、
風を稲穂で表現するのは上手いなぁ…と思いました。
この曲で一度耳を休め、気を休め、心を休めてもらえたらなーという。


-----------------------------


09.【DnB】
We Are Frog

曲:DJ Scarlett (ましろ。)
絵:えむ/nyagakiya (鶏肉生活)

ドラムンベース4柱、最後の一つです。
神楽殿でのクラブイベントの〆、というイメージで最後の転換という意味を込めてここに置かせていただきました。
We Are Frog!!!!!というもう最後煽りにいくぞーーーー!!というような疾走感溢れるトラックという感じで。
イラストも相まって、ガチDJプレイをしてHOTに仕向けるような曲という風に感じます。
We Are Frog!! We Are Frog!!!!
誰かにMCをお願いしたくなりますね!We Are Frogggggggggg!!!!!!!!!!!!!!!


-----------------------------


10.【K-POP】
夜空見つめ帰る旅路

曲:シミタカ (かわずごっこ)
絵:さとちー

帰り道、ということでお祭りが終わって帰るあの感じ。
すごく喧騒なお祭りの場を離れ、帰り道を余韻に浸りながら歩くあの感じ。
遠く離れたお祭りの会場にはまだ少し明りが残り、また次を想いながら歩くあの感じ。
ちょっと蛙や鈴虫の声に誘われて、足をひたした小川の冷たさに少し眠たげな眼を覚ますあの感じ。
空を見上げると満天の星空が広がっていて、さっきまで居たお祭りの明りより明るい気がするあの感じ。
また少しお祭りを思い出して、虫や蛙の喧騒と星の明るさに思いを重ねるあの感じ。

そんな情景が思い描かれるように思います。
お祭りは、家に帰るまでがお祭りなんです。


-----------------------------


11.【ノスタルジックハウス】
夢 ~空から見上げた空の色~

曲:とりP (CM11)
歌:Cathy
歌詞:青時 (影紡糸)
絵:カズ (夢中界)

諏訪神楽祀 夜の部のエンディングテーマ、という気持ちでここに置かせていただきました。
「井戸」という言葉と、連なる詩=言霊が一体何を示すものなのか。
メロディアスで幻想的なハウスが包み込む歌は何を想うのか。
カズさんの絵と、とりPさんの曲、青時さんの詩、Cathyさんの歌が、
1つの世界を描く、そんな風に感じました。企画の表テーマにまさにぴったりなんじゃないかなーと。
曲のイミテーションとしても、作品のイミテーションとしてもラストに相応しいんじゃないかなーと。
それでも次の曲をラストに持っていきたかったので、準ラストを飾っていただきました。
なので、次の曲と合わせてダブルエンディング、ということで、
昼の部の最初のダブルオープニングと対極になればなーという思いでもここに置かせていただいております。


-----------------------------


12.【守矢の手紙】
不揃いな影が増えていく小さな神様の詩

曲:銅螺子 (Karkan)
歌:NAKI
絵・歌詞:水砂まえじゅ (産業廃棄美術館)

諏訪神楽祀 グランドエンディング曲です。
企画の最初の方で「ラスト狙っていきますよー」と銅螺子さんが言ってたので、
それっぽい曲が来たらもう問答無用でラストに置きたいなー…と思っていたら、
思っていたより半端なくそれっぽい曲が来て、ラスト即決でした。
ただ、「ラスト狙う」って言われたからというわけではなくて、
諏訪子好きの仲間である銅螺子さんを全信頼してのラストの配置とさせていただきました。
絵担当の水砂さんもガチな歌詞を書いてくれて、もうほんと何回これ聴いて泣いたことか。
このタッグは企画最初の呑み会に参加してくれたお二人で、
こんな曲作ってくれて、やっぱり結構無茶してでもあの呑み会やって良かったなーとほんと心から思います。
ボーカルのNAKIさんの優しい歌声も相まって、凄くスピリチュアルな曲になってるなーと思います。
絵もラフの段階から「これ反則だよなー」という話があって、共にラスト飾っていただきたいとほんと思いました。
「諏訪子を語る詩」として、これ以上は無いんじゃないかと思えるような…
って言うと、色々なところからお叱りを受けそうな気もしますが…
昼の部の「この手が触れてきたもの」と共にラストを神語りのような曲にさせていただきました。
味玉さんが銅螺子さんからの紹介…ということも含めてのミーニングだったりもしますが。
提出してもらった音源を聴いて、「そうだよな、諏訪子ってそうだよな。」ってうんうん言いながら聴かせていただきました。


-----------------------------



ということで、長々と諏訪神楽祀の中身について語らせていただきました。

ほんとなんていうか、命掛けてというか、
自分の1年をフルで使った企画でした。
人生の一部を削って本気で向かったというか。

まぁ結構出費とかのやりくりもかなりきついものが有ったんですけども、
その分、本当にやってよかったという企画に出来たと思っています。

本当に、最後まで付き合ってくださった氏子こと参加者の皆さん、
周りで支えてくださった方々、
そしてお祭りに参加(=諏訪神楽祀を購入)してくださった皆さんに、
本当に感謝いたします。


正直、まだ燃え尽き症候群というか気が抜けてて、
次のことが手につかない状態だったりもしますが…(苦笑

ここからは自分がやりたいことやれるように精進しないといけないところになるので、
こんな大きな企画を立ち上げて運営するっていうのはこれで最後になるんじゃないかなーと思っています。
ほんと、大好きな諏訪子と素敵なお祭りが出来て本当に嬉しく思います。


最後に、このお祭りに関わってくださった皆様に、
いま一度感謝の気持ちをお伝えして、
諏訪神楽祀 氏子会総代としての最後の挨拶とさせていただきたく思います。


本当に、皆様ありがとうございました。

諏訪神楽祀 あとがき(前編)

諏訪神楽祀の発行から4半月が経つので、ぼちぼち個人感想なんか書いてみようかなと。


ちなみに、諏訪神楽祀の公式?あとがきはこちらの掲示板から飛べます。
http://b5.spline.tv/suwanokagura/

氏子の皆さんは(結構前ですが)お知らせのメール送ってあるので、
あとがきのコメントを書いていただけるとありがたいですー。
(氏子用ページに書き込みパスが書いてありますので、氏子さんはそちらを確認お願いします)


まぁ企画全体で言うと、もう大体言い尽くしてるので言うこと無い感じなんですが、
とにかくほんと人に恵まれた企画になったなーと思います。
恵まれなかったのはタイミングですかね・・・地震で延期になってイベントと発行時期がずれてしまったのはやっぱり痛かった・・・
あと、亡くなった方の中にもしかしたら諏訪神楽祀を楽しみにしてくださっていた方が居たかも・・・と思うと辛いところがありました。(自意識過剰かもしれないですが)

あと今回はほんと思いつくことをやれるだけやったという感じです。
お金の話も込みで、多分今回以上の企画はもうやれないだろうなぁと思っています。

逆に後悔したところは、宣伝でしたね・・・プロモーション動画や、クロスフェードのニコニコのうpなどもやれたらよかったなーと。
それに準じて売り上げが伸びてないことでしょうかwまぁちと値段が高いのもあるしね・・・
ただほんと手に取っていただいた方には後悔させないよ!!という自信を持って発行できました。




ここからは中身の個人的感想=各作品に対する勝手なコメントをつらづら。
ほんとに勝手なこと言いまくるので、氏子の皆様はどうぞ辛辣なツッコミをですね・・・(ゲフゲフ



【昼の部】

-----------------------------


01. 【開宴「二拝二拍一拝」】
Heartful Faith

曲:ハム (Foxtail-Grass Studio)
絵:cercis (Carcharias)

開宴ってことで、まだ曲名と曲すらいただいてない時点でトップを飾ることを運命付けられました(ぇ
朝の、明けの空気を感じるような、お祭りが始まる少し前のような印象を受けました。
とにかくハムさんの音作りのピュアさっていうのかな、それが凄く雰囲気出ていたと思います。
イラストのcercisさんはこれまた元気いっぱいの諏訪子を描いていただいて、もうほんとほくほくです。うちが。
ラフの時点でこうパーッとした感じで、凄くわくわくしたのを覚えています。
しかしハムさんが個人で出したCDがcercisさんのジャケで、えっこれこっちでやる前に自分でってえええええええええまじで!?とかちょっとびびったとか今だから言えるぼやきでした(ぁ


-----------------------------


02.【ミシャグジダンス】
Native-Over-Strike

曲:蒼ダイ
絵:じょん犬 (山猫神社)

ということでお祭り本番のオープニング曲です。まさかの2段オープニング。
イメージがほんとこれからお祭り始めるぞお前らーーー!!!!ってことで、
パワフルな感じが出だしにぴったりなんじゃないかなーと思いここに置かせていただきました。
曲の方は相変わらずの蒼ダイさん節で音圧ゴリゴリです。そしてお約束のサンプリングボイス(
中盤の「げらっげだーん!ぷりさっさー!!」っていうあの掛け声は流行って欲しいとひっそり思いつつ。
絵は安定のじょん犬さん。ペドい。実にペドい。いつもならランドセル背負ってたりパンツ描いてたりしますからそりゃあペドい。
じょん犬さん、これパンツ見えてないんですけど良いんですかね?という質問を投げておけばよかったなーと今さら後悔してたりしてなかったり。


-----------------------------


03.【モリヤハウス】
モリヤ楽団 -怪神諏訪子の二十面相-

曲:蔵龍
絵:のなにー (ゆめいろのあめ)

ぴこぴこキャラが踊りだしそうなポップな音と、相対して強めのキックが印象的だなーと。
蒼ダイさんからの流れで4つ打ちで重め→ポップ路線という流れを作ることを意識してここに置かせていただきました。
曲はほんとポップでキュートな感じなんだけど四つとハットがしっかりハウスハウスしてる感じでこうかっちりしてるなーという感想でした。
途中に雛っぽいフレーズ入ってるなーと思ってたら、実はうちの勘違いだった!ということが5月の例大祭の打ち上げで判明したのは良い思い出・・・(遠い目
絵は墨染に続いて参加してくれたのなにーさん。
実は今回参加表明していただいた辺りで「今回、絵描きさんが前回よりレベル高いけど大丈夫・・・?」というハッパを掛けたりしていたのですが、
なんやかんやで良い感じにまとまった絵を描いていただいて、というか自分のカラーを良い感じに使ってくれたなーという思いです。なるほど納得な絵を描いていただけました。
仕事忙しい中頑張ってくれて、ほんとありがとうございますでした。


-----------------------------


04.【ギャルゲー風ポップス】
雨降る小道に笑顔♪

曲:ばんし (ばんばんし)
絵:Mau

ここからは昼の部のメインな雰囲気のポップな路線ということでこの曲をここに置かせていただきました。
ニコ動では「安心のお前」「やっぱりお前か」などですっかり定着した路線を展開しているばんしさんの、「やっぱりお前か」的なギャルゲーBGM風アレンジです。
諏訪湖の湖岸の公園で諏訪子と遊んだりアイス食べたりたいやき食べたり100mを7秒で走れば遅刻しなかったり肉まん買いに行ったりしそうな曲ですよね(シチュが偏りすぎている
うちの脳内には会話ウインドウまでしっかり表示されて立ち絵もしっかりありました。流石のお前、というところです。
絵はmixiで知り合った諏訪子スキー仲間のMauさんの満面の笑みの諏訪子かわいいなしょうがないな諏訪子かわいいからなしょうがない。
周りの蛙達の演出によってきっとギャルゲーの画面が成り立っているのでしょう。いわば撮影風景。といううちの解釈。しかし諏訪子かわいい。
しかしここまで諏訪子一本で来ているので、ToHeartのあかりルート的な展開を迎えてしまわないかが不安ではあります。知ってるだろ?まさしちゃんエンディング・・・



-----------------------------


05.【どっきどき☆すわこさまっ!】
あなたとすわこの は~とふるたいむ♪

曲:heric (Undefind Field)
絵:竹峰旭彦 (サークル四方竹)

今回の曲の中で、ぶっちゃけ一番気を遣った曲です。
とにかく「ネタバレの回避を!!!」ということで、逆にわざとらしいまでにこの曲の表示だけフォントを変えました。
ある意味フラグでしかない。どうすんのこれクロスフェードとか入れれないじゃないですか・・・とか悩みに悩みぬいた問題児です。
その真相は、是非とも聴いて、見て、確かめてください。

とりあえず一言。

「キミタチ、反則な」


-----------------------------


06.【はっちゃけどらむんべーす!】
跳ねろッ!ケロちゃん

曲:Ottiki (SEA SPARROWS)
絵:えるくing (落書き倉庫ガラクタ屋)

今回、なんとドラムンベースが4曲も有る!ということでどうすんねんこれ・・・と考えていたところ、
4・・・といえば・・・・そうか、御柱か。という発想にたどり着き、
CDのいわゆる御柱的なポジションにドラムンベースを置いて、1つの転換点とする曲順を組ませていただきました。
ということで1の柱は、Ottikiさんによる低音ブリッブリのドラムンベースです。
ずっとTwitterでPendulumが!Pendulumが!!って話をしていたのですが、
ほんとにPendulumっぽい極太キックな曲を作ってきてくれました。
そして反則だろこれwwwといわんばかりの音ネタ。これはずるい。
絵は花梨ちゃんことえるくingがはっちゃけてくれました。なにこれはっちゃけてる。
ラフからは一切想像できなかったこのはっちゃけっぷり。そうだった、彼は線じゃなくて色で絵を描いてるんだった。そんなわけでギラギラしています。彩度もブリッブリ。
なんというブリッブリタッグ・・・!


-----------------------------


07.【INSTRUMENTAL】
NativeFlow

曲:八神翔太 (アイシーエス)
絵:凄爆嵐 (MissType)

ここからは明るいポップス路線というより、風とか爽やかーな路線の曲を組ませていただきました。
その一発目にこの曲。某T氏のairfl......おっとそこまでだ。
最初から最後まで徹底してairfl.........っぽい感じです。A☆9くらいかな?(ぁ
普段は音師じゃないよ!!!と言い張っている八神さんを引っ張りだしたところこうなりましt(ぇ
絵は凄爆嵐さんことハンバーグ先輩。凄爆ハンバーグ先輩。
これぞ凄爆さん!っていう色遣いの諏訪子をいただきました。ぽよやーんふんわり。
諏訪子が気持ちよさそうでなによりです。流石諏訪子合同の主催。俺達諏訪子クラスタ!!


-----------------------------


08.【ロック】
いつかのみらい

曲:HumanError (Gt. & Dr. by Riku Hisameduki Ba. by Kiichi Kita)
絵:ユウワン (A.C.3)

墨染に続いて、りくさんとユウワンさんのタッグに(無理言って)参加していただきました。
今回はベースの希一さんにも参加いただいて、HumanErrorでの参加をいただけました。これは本当に嬉しかった。
曲の方は爽やかだけどパッショナブルなギターロックで、りくさんによる渾身のギターと希一さんのカッコイイベースを提供いただきました。ほんとにお忙しい中での参加に感謝です。
イラストはユウワンさんの、どこかで見たような駅とお出かけ諏訪子。
そうですね、蕎麦がおいしいんですよ。水も綺麗だし、そりゃあ良いお蕎麦ができます。って蕎麦だけか自分。
いつかのみらい、というタイトルと曲、イラストが合わさって、色々なことを思い描くことができる作品になっていると思います。
絵と曲の両面から1つの作品・・・というコンセプトに凄く合っていて、色々な諏訪子が思い描ける素敵なタッグ作品だと感じました。


-----------------------------


09.【涼しげハウス】
晴れて駆けるケロケロ散歩

曲:村瀬悠太 (夕焼けコンテナ。)
絵:海の山 (深海の山頂)

風と水、まさに諏訪を散歩しているような気持ちになるハウスです。
今回、前回のリベンジということで念願叶って海さんに参加していただけました。
風、湖、せせらぎ。諏訪子が駆け出すその先には、どんな景色があるんだろう。
曲と絵が絡まって、そんな思いを抱くような世界が描けていると思います。
こんな世界を描けるのは、きっとこの二人の地元がアレだからでしょう。うん。
涼しげハウスということで、これからの暑い季節にも涼を運んでくれるようなそんな楽曲だと思います。
というか諏訪に住みたいですね。住みたい。諏訪湖でずっと諏訪子とのんびりしたいです。


-----------------------------


10.【Drum'n'Bass】
S and S -spirit-

曲:ginkiha (NIZI-RINGO)
絵:msp.澪 (SILVER*CROWN)

爽やか系リキッドファンク、ということでドラムンベース二の柱の曲です。
今回の合同では多く見られた諏訪子と早苗のカプ曲の1つです。
ginkihaさんが「リキッドファンクで行きます(吐血」ということでリキッドファンクに挑んでくださいました。
今回は1曲リキッドファンク有ったらいいなー・・・というぼやきをしていたところで狙い済ましてくれました。
でも音源はR'n'Bの音源だとか。そういうのもまた良いんじゃないかなーと思うのです。
絵の方は墨染から引き続き参加いただいた澪さんです。青いです。凄く青いです。
青好きなので凄く美味しかったです。でもCMYK変換が大変でした。でも青いから幸せ。
澪さんの色遣い好きなので見習いたいなー・・・


-----------------------------


11.【台所系アコースティック】
原住民顔

曲:三角コーナーを見つめるかのような瞳
絵:黒諏。 (HeartPlace。)

今回の問題曲のひとつです。主にタイトルが。
原住民顔でネイティブフェイス!!!(どや というこのタイトル。
製作中は「顔」と呼んでおりました。きっとこの合同に関わった人は今後も「顔」と呼び続けてくれることでしょう。ね。
最初はO太さんに「音師さん足りないけど知り合いに居ない?」と言ったところ、
「じゃあバイオリンやってる東方好き知ってるから話してみるわー」となったのですが、
なぜか本人も参入して1つのバンドが出来ておりました。なにこれ。
ちなみにバンド名も、去年の夏コミの顔合わせ呑み会で決めようぜーというぐだぐだっぷりを発揮しつつ、結局最初の予定通りになったというアレっぷり。
なのに曲は凄いことになっております。アコースティックです。ガチです。
その後、タッグの黒諏。の合同にも参加して、これまた酷い曲名でガチな曲を作っていたので、
どうやらそういう路線でやっていくらしいです。どういうことなの・・・
絵の方も曲の方も台所系アコースティックということで、牧歌的な感じの印象を受けたので、
よしお昼ご飯タイムってことにしよう。ってことで、お昼くらいの時刻のイメージでここに置かせていただきました。
本当はトリを狙ってたのになーと言われましたが、そんなことよりご飯食べたい。シチューが食べたい。


-----------------------------


12.【シューゲイザー・ノスタルジー】
足跡

曲:玖 (天狗ノ舞)
絵:白兎 (Lab*)

昼の部のセミファイナル曲は、天狗ノ舞の玖くんのシューゲイザー(自称)です。
この曲と、次の曲は昼の部の隠れテーマだった「諏訪の野外ライブ」の締めとして置かせていただきました。ちなみに夜の部は「神楽殿でのレイヴ」を密かにテーマにしておりました。
凄く空気を感じるような曲で、諏訪子を玖くんの歌詞の世界観で描いてもらいました。
呑み会で「何でそんなにプッシュするんすか・・・」って言われたんですが、正直凄く好きなのです。
白兎さんの諏訪子の雰囲気・表情と相まって、色々な感情が交差するような、そんな世界観を感じました。
セミファイナルにするには、ちゃんと理由があるんですよ?(>玖くん)



-----------------------------


13.【ロック】
その手が触れてきたもの

曲:味付け玉子 (味玉定食)
絵:Ni (脱兎屋)

昼の部のファイナルを飾っていただくのは、味玉さんとNiさんによる神語りロック。
諏訪子の過去と現在を、情熱的に、パワフルにお2人に描いていただきました。
ほんとに力強く諏訪子の心を描いてくれて、
お祭りの参加者の皆さん(=諏訪神楽祀を手にとってくださった皆さん)にも昼の部の最後に神威(カムイ)を思い描いてもらえると思い、
1つのディスクとしても、祭りの一部としても、夜の部へつながる物語としても、
この人たちを置いて他は無いと思い、ここに置かせていただきました。
この曲と絵から描き出される物語を持って、諏訪神楽祀 昼の部の締めとしたいと思いました。
Niさんの描く諏訪子、味玉さんの描く物語から、諏訪子が触れてきたものを思い描いていただけたらと思います。


-----------------------------



・・・ということで、昼の部の個人的感想でした。
夜の部はまた次の機会に。

だーーーーいぶご無沙汰しましt

はい、だーーーーーいぶご無沙汰しておりました。

3月の地震もありましたが、結構本気でたまたま直撃することなく、
なんとか無事に生き延びています。


まずは震災での被害に遭われた方へ、お見舞い申し上げます。
こういう言葉と、募金くらいしかできないのが歯痒いところですが…


そもそも例大祭に向けての告知もできてなかったという体たらくでございますが、
3月予定例大祭の新作、「諏訪神楽祀」の方は既に全国のメロンブックスでお取り扱いいただいており、
もしかしたらここをご覧になっている方々にもお手に取っていただけた方がいらっしゃるやも?
そうであれば嬉しいなーというところでございます。

とりあえず、こちらの方を宣伝させていただきますね。

諏訪神楽祀バナー


ほぼ一年間計画で進めてきた、大好きな神様の為のお祭り。

「ネイティブフェイスアレンジオンリー合同 諏訪神楽祀」

前回墨染に続き、自分が主催・進行・信仰・神交を務めさせていただきました。
全編を通して、朝から夜更けまで続く愉快な日本の神様の頂点との神遊びを表現できるようまとめました。


ほんと人生を1年つぎ込んで進めてきた企画で、
例大祭ではほんとにドヤ顔で皆様のお手元へお届けできると思っていたのですが・・・
正直なところ、本当に悔しい限りです・・・

ただ、出来上がった作品は無くなりませんし、もちろん頒布も続けていきますので、
よろしければお手に取っていただき、諏訪子とのお祭りを楽しんでいただければとても嬉しく思います。


・・・ということで本来は例大祭イベント発行と書店発行が同時に!だったのですが、
書店さんの方で先行販売という形になってしまいました。
それでも本当に、あの震災の混乱の最中に対応や陳列をしてくださった書店さんには本当に頭が上がりません。
だって3月11日の夕方くらいに 「荷物届きましたよー」 というメールが来るとか・・・
そんなこと良いから避難をしてください・・・!!!って思ってました。
本当に本当にありがたい限りです。


ただ、会場限定特典のグッズとかも結構作っていたので、
こちらは今後のイベントで頒布するようにしたいと思います。
先に書店で買われた方にも、特典をお渡しできるような対応もできるだけ取っていけたらと思っております。


そして、代替日程となった5月8日の例大祭、もちろん自分も参加いたします。
スペースは の-12b 「諏訪神楽祀 氏子会」 です。合同スペースだよ!!
でも諏訪神楽祀の頒布関係なしに、よろしければ「俺は無事だぜ!」的な感じで気軽にお話できたらなーと思います。
今度の例大祭は、どちらかというとそういう意図で参加する感じかな。


ということで、例大祭に関してはこんな感じです。

それと目先のイベント。

4月24日・・・・・・もう明日ですが。
名古屋の港区、「ぽーとめっせ名古屋」で開催される、
東方星蓮船オンリー「命蓮寺大縁日」の方へサークルで参加させていただきます。

場所は 「E-30」 a HEAL です。
諏訪神楽祀と、マイミクの組長さんのアレンジCD、あと頑張って今からコピー本描きます。

組長さんのアレンジCDは、
「あー結局やるやる言ってアレンジ作品出さなかったなー」
って言ってた組長さんに無茶振って、
ジャケットも用意して作らざるを得ない状況にハメたという曰くつきの作品でございます。
(だいたい本当)
そしてそのジャケットの印刷がさっき終わったというね。

コピー本は、本来このイベントにオフセットで出したかった本のプレビュー版を出そうと思います。
本当は間に合わせるつもりでしたが、どう考えても時間足りなかったのと、
もうちょっと練ってちゃんとしたボリュームでお話を描きたかったという理由で、
夏コミ辺りに出せるようなスケジュールで製作をしようと思っています。
内容は、白蓮さんのおっぱいがシャベッタアアアアアアアァァァァァァアアア!!!!!!!!?????という感じです。
詳しくは会場で!!!!!!!!(ぁ




・・・・・・ということで、元気に同人活動展開しております。
よろしければ見て行ってくれると嬉しいな!



それから、あの3月11日のお話を少し。


前日から合流していたTMMさんと一緒に、
名古屋駅へ海の山さんを迎えに行って、
諏訪で温泉入ってから東京入りしようぜー!という予定で行動しておりました。

朝の10時くらいに名古屋で海の山さんと合流、
デニーズでご飯を食べてから、部屋に忘れ物を取りに行って出発したのです。

車での移動で、中央道を使って諏訪経由でのルート取りをしておりました。

途中、豊田辺りで自分の体力が無くなり、
少し仮眠する間、海の山さんと運転を代わってもらったんですね。

で、起きるとなんか50km/h規制がかかってる。
話を聞くと、なんか地震で規制がどうたらーとか。

地震ということで、ツイッターのTLを眺めて、ここでようやく初めて状況を把握しました。

それぞれ身内に連絡し、
自分達はとりあえず高速に閉じ込められるのを懸念してまずは諏訪へ移動。

この時点ではまだ東京へ行くつもりだったのですが、
被災状況、高速道路の封鎖、そして例大祭の中止の情報が入り、
ここで東京行きを断念することに。

既に夜ということと、余震の影響を一旦回避する為、
一先ず諏訪で宿を取り、一泊することにしました。

その深夜、携帯からの地震速報で飛び起きました。
初めて聞いた音で、正直本気でびびりました。

翌朝も続く余震の情報を見ていました。

長野県でも、栄村で強い地震があり、被災していたのですが、
なぜか諏訪は殆ど揺れなくて。
松本辺りを境に、南側は殆ど揺れなかったようです。

あぁ、きっと諏訪子が守ってくれたんだなー、という風に思いました。
考えてみれば、諏訪に行かなかったら東京でモロに地震食らってたし、
忘れ物・・・実はイベントに持っていこうと思っていた諏訪大社の熊手なんですが。
取りに行かなければきっともう少し早く移動をしていて、高速に閉じ込められていたかもしれない。

なんていうか、本当に神様を身近に感じた出来事でした。

そのまま、同行していた二人を大阪まで送り、そこで一泊してから帰宅したという流れ。


そんなわけで、自分も正直もう少しで東京で足止め食らうところでした。
ほんと諏訪子に感謝、という感じで・・・


いま、日本全体がWARNINGモードな感じですが、
なんとかかんとかこれを乗り切って、
また皆で同人イベントやらライブやら打ち上げやらてんやわんやー!って出来ることを、
心より願っております。

ほんとありきたりなことを言うことくらいしかできないのですが、
頑張ってこの苦難を乗り越えましょう。
そんで、またお祭りでわいわいしましょう。


ということで、生存報告を含めた更新でした。

Appendix

ついったー

Sonne 視聴パーツ

なんとなくつけてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。